スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稲づくり 2008

あ~、ずいぶんご無沙汰です。

やはり兼業、休みの日は主夫業を兼ねての農業は大変・・・。
ブログまで手が回らなかった。

でも、何とか夢見た専業農園生活を目標に据え、他の農家のごてごてですが、がんばって初めての稲づくりに取り組みました。

以下に今年の我が家の稲づくりをご紹介。
しっっかり整理して、来年に活かしたいと思います。

5月末~6月初 代かき
6月上~中旬頃 田植え
徐々にアミミドロが発生しながら天然のマルチ状態に!

次の写真は8月上旬(田植えから約2ヶ月)の稲。

080808_大きくなってきたぞ

一番広い田んぼが2.4反あるが、この写真は水温が一番安定していた所。
来年の課題は水温管理だ!高原の水は冷たく、それを如何に暖め、全体を均衡に保つか。
これが難しい。

次の写真は出穂。8月16日ごろから始まり、20日ごろがピークとなった。

080816_出穂

<8月16日>

080820_どんどん出穂

<8月20日>

出穂後、約1週間で穂は垂れ始めました。

080826_出穂後1週間

<8月26日>

080830_出穂後2週間

<8月30日(出穂後2週間)>

約1ヶ月でもう刈り取りできそうなくらい穂が黄色くなっていました。
田植えは遅かったけど、この段階では他の農家さんのお米の生育に追いついていました。
080926_もうすぐ稲刈り

<9月26日(出穂後5週間)>

しかし、我が家は兼業。
思うようなタイミング(天候や時期)で刈り取りができず、遅めの稲刈り。
長女も学校帰りや休みのときに手伝ってくれました。

081011_稲刈りスタート②

081011_稲刈(長女)

広い広い畑を仕事休みを使って、ほぼ一人で刈り取り。
地道にハザも立てていると、もちろん1日では終わらない。
結局、刈り取りとハザ立て、掛けで約半月かかった。

081020_小諸稲刈り③

最初に刈り取った稲は約2週間後にはほぼ乾いている感じ。

081028_お米乾いてきた

ここですぐに刈り取れればよかったが・・・
この後にも雨にあたり、少し胴割れも発生。
結局、脱穀を始めたのは11月8日。

081108_脱穀

081108_脱穀終了

でも、初めての収穫にうれしさの方が大きかった。
なんとも豊かな気持ちになりました。日本人だな~。

081114_はじめての収穫

今年の収穫は約20俵(4反で)。
何とか出荷もできました。

やや少なめだが、最初としては上出来でしょう。
無農薬でもできることがわかりました。学ぶことも多かったが自信がつきました。

もちろん味は最高です。

来年はもう少し早めに田植え(6月1日までに)をできるようにがんばりたいと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://ohisamafarm.blog10.fc2.com/tb.php/43-1f2fdf1b

プロフィール

ohisamafarm

Author:ohisamafarm
大人2人、子供3人、ニワトリ40羽、ウコッケイ10羽、犬1頭、インコ1羽

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

おひさま農園

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。