スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿肉ソーセージ届いたよ!!

今日、北海道の友達から「エゾシカ肉のソーセージ」がどっさり届きました。
彼は北海道の西興部村で、西興部村猟区管理協会を立ち上げました。これは北海道唯一の猟区です。地域の自然を資源(シカ)と共に維持していく仕組みを実践されてます。

そこで捕獲されたエゾシカから作ったソーセージ。

鹿ソーセージ


1パック


茹でソーセージ


実は私もシカ猟をします。

子供達も鹿肉は大好きです。

うま~い!


私の場合、毎年冬の猟期に1~2頭のシカを捕獲し、1年かけて家族で余すことなく頂くというスタイルです(この2年は仕事が忙しく猟にでれなかった)。合わせて、子供達には命のつながりや有り難さを伝えてきました。今、各地でシカやイノシシによる被害が多発しています。原因は人による自然環境の改変や温暖化により、シカの餌が一時的に増えたり、冬の死亡率が低下していることが個体数の増加に影響している可能性があります。

駆除や農地をシカの害から守る防除柵の設置が進んでいます。
そんな中、多くのシカが駆除されているのですが、日本では獣肉を食する文化があんまりない(江戸時代は庶民は刀や銃を取り上げられ、狩猟はお上の特権になっていた)ため、流通もせず、多くは狩猟者の自家消費か、廃棄になっています。

「なんてもったいないことを・・・」といつも考えています。
シカの肉はしっかりと処理すれば、大変美味しく、ヘルシーです。

今は有害駆除される運命にある個体も、将来は処理施設を整えながら、1頭でも多く「大地の恵み」として皆様に提供してゆければと考えています。

「胡桃の丘農園」より

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

http://ohisamafarm.blog10.fc2.com/tb.php/11-9e82ecee

プロフィール

ohisamafarm

Author:ohisamafarm
大人2人、子供3人、ニワトリ40羽、ウコッケイ10羽、犬1頭、インコ1羽

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新コメント

お問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

おひさま農園

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。